長すぎた冬休み

 前の記事が11月14日だったので、なんと半年も日記のつけ忘れをしてしまいました。

生物ネタは、冬は少なくて当然ですが、春になってもアップできなかったのは、体調の不調も有りました。

 バンビ農園の主力商品は野菜と卵の詰め合わせのパックを会員にお届けすることなのですが、昨年の猛暑や獣害(イノシシ)で、野菜がなくなってしまい、1月の中旬には出荷の休止に追い込まれました。

 休止を決めた直後の1月20日、突然の劇症眩暈(めまい)に襲われ、救急車で最寄りの総合病院に搬送されるという事態になりました。
病名は定かでなく、メニエール病、もしくは前庭神経炎とのことでしたが、完治するのに3週間ほど要しました。その後も疲れやすさがあり、春に向けての畑の準備も遅々として進みませんでした。

そんな状態でしたので何をするのも気力がわかず、今年の作付けの計画すら立てられぬままに日々を過ごしてしまいました。

当然ブログを書く気にもなれず、「つかれた~」、「やすみて~」の体たらくでした。

 

さて気が付けば山は緑一色になり、本調子ではないバンビやんの目にも少しずつ小さな発見が戻ってきました。

 

ここ数日の畑周りで見かけた虫2種を紹介しましょう。

エゾヨツメの若齢幼虫です。何のためのトゲトゲアンテナなのでしょうか。

小さいですが、ヨツモンクロツツハムシという綺麗な虫です。

春の作付けが一段落したらもう少し真面目に(?)自然観察おやじに戻りたいと思います。

カメムシの当たり年

今年は年初の頃から各地でカメムシの大発生がニュースにまでなっていました。
都市部で問題になっているカメムシは「ツヤアオカメムシ」という緑色のカメムシが主流だそうですが、田舎ではもっぱら茶色い「クサギカメムシ」が多いです。

その大発生を裏付ける事件が有りました。

先日、寒くなってきたので外に干してあったオーバーズボンに足を通したところ、なんと、裾から10匹以上のクサギカメムシが零れ落ちてきました。
もちろんあの匂いに包まれました。

祖っと拾い集めてビニール袋に入れました。猫びっくり。

猫もびっくり

下の写真がアップした画像です。

クサギカメムシ

写真を見ただけで臭いがよみがえります。トラウマです。




オオセイボウ

<プラスチック容器の中で吸蜜中のオオセイボウ>

 

数日前、所用で軽トラに乗って家を出た時、車内にハチが入り込んでいるのに気が付きました。
窓を開けて駐車しているとアブやブヨが車内に入り込むことはしょっちゅうです。
これはおそらく人の匂いか炭酸ガスなどに誘引され来るのだろうと思います。

今回入り込んでいたのはアブでもブヨでもなく、メタリックグルーに輝くオオセイボウというハチでした。

以前やはり軽トラにツマアカセイボウというハチが入り込んでいたことがあります。
(過去記事)

banbiyan.hatenablog.com たった2度のことですが、めったに出会えないセイボウが軽トラにはいりこんでいたのは、私が誘引物質を出しているからか、と勝手な想像をしているバンビやんでした。

 

写真撮影後庭に放虫しました。

猛暑で虫も少ない・・気がします。

連日の猛暑で、森林に囲まれた我が家でも35度くらいにはなっています。

昆虫もあまり暑いと生理障害を起こすようですが、涼しい場所を見つけて生き延びて欲しいものです。

 

今日は久々のブルーカナブンを見つけました。

見つけた場所は樹液を出しているクヌギの巨木。



ネットのオークションサイトを見たら栃木産の出品が多かったので栃木は多産地なのかもしれません。もしくは、昆虫で小銭を稼ぐ輩が多いだけかもです。

 

下の写真は、数日前家の脇で見かけた虫です。
10年くらい前に一度見た記憶があったので、ゴミムシ系の幼虫だろうというとこまでは判断できました。ネット検索でゴミムシ幼虫を出して、似ている写真を探したところ

「オオホソクビゴミムシ」がそっくりでした。
正確な同定ではないのでご参考までに。

 

洒落たデザインに目を引かれます。

 

ラミーカミキリ定着か。

 

 

2020に家のハルニレの樹で初めてラミーカミキリを見つけました。

banbiyan.hatenablog.com


そして2022にも同じ樹の同じ場所でラミーカミキリが。

二度あることは三度ある。

正に今年も同じ樹にラミーカミキリを見つけました。
定着と言って良いでしょうか。

 

 

ハルニレの樹の同じ場所で3回目の確認です。

 

イソヒヨドリ続報

コンビニの塀にとまっているイソヒヨドリ

昨日、卵の配達で隣市の那須烏山へ行ったときに見かけたイソヒヨドリ♀個体です。

警戒心が緩くて、かなり近づいても飛びませんでした。

先日の雄と言い、この頻度で出くわすというのはかなりの数が内陸に入ってきているのではないかと思います。
引き続きドライブスルー探索を続けたいと思います。

北関東内陸のイソヒヨドリ

コンデジ50Xの望遠最大で逆光にて

2月7日に卵の配達で町内巡回中に見つけたイソヒヨドリ♂です。
画像悪いですが証拠にはなるかと。

下の写真は5年前に今回のすぐ近くで確認したメスの個体です。

この時期川を遡ってこんな山間地まで登って来るのでしょうか・・。

 

イソヒヨドリ♀・2018年1月26日に那珂川町町内にて。